天然鮎が獲れる場所 寒川

 日高川町の一番奥地にある寒川は、標高も高くその名の通り、冬場は雪が降る和歌山では珍しい寒い地域です。手つかずの自然が残る地域で、川の美しさは地域の誇りでもあります。
 春にはアマゴ、夏は鮎がこの地域の風物詩で、中でも鮎は、岩に付いているコケなどを食べて成長するため川の水質はとても重要と言えます。この豊かな自然で採れた鮎を是非みなさんに知って頂けたら嬉しいです。
寒川の天然アマゴの写真

僕は鮎を釣ってません。

 「村越の事」でも紹介してありますが、私のやってることは私一人では成立しないことばかりです。いつも誰かがいます。しかも、その誰かはいつもすごくクールでカッコイイ人が多いんです。 この鮎もその代表!私は少々釣りはやっておりますが、鮎釣りは全然出来ません!でも、大丈夫!めっちゃ釣る名人がいます。
釣り名人の写真