障害者の就労支援事業所と農家における農福連携を〝確実に最高にする方法〟はこれだよ、絶対。

私と関わって下さる農家の皆さんは農福連携における農家さんとして

神レベルの方々ばかりです。w

はい、そもそも農福連携ってなに?っていう人いますよね。

農福連携とは

簡単に言うと
農業と福祉のコラボです。

人手不足に悩む農家。
仕事がない障害者の就労支援事業所。


この二つが関わることで課題が解消し、
お互いにとってwinwinのカタチを作っていこうぜ。っていうのが理想型。

農家さんから仕事を請け負うスタイルだけでなく、
自然農法などのこだわりの栽培方法で農作物を自ら作り、加工や販売する福祉事業所などもあり、いろんな形で農業と福祉をよりよくしていこう!みたいなのが農福連携です。

今回、私が紹介するのは、農家さんからの仕事を請け負うスタイルの方の話です!

農福連携のよく言われてる課題

全国の農福連携の現場では以下の点が課題とされています。

  • 農家と福祉事業所とのミスマッチ
    • 作業できると思った範囲ができない
    • 作業量に対して、請求が高い(農家側)
    • 逆に安い(福祉側)
  • コミュニケーションがうまくとれない
  • 連絡調整がうまくできない
    • 雨の日などの対応は、結構難しい。
      • 小雨くらいならやってほしい。(農家側)
      • 利用者の健康を考えると終わりたい(福祉側)

ざっとこんな感じです。

あるある!
と思う福祉関係者のみなさま。

え!?こんなんが問題かよ?
余裕でしょ。w
と思う、アナタ。

色々な意見があるでしょう。
私はもちろん後者です。
こんな課題、余裕でしょ。

あ、すいません。w
ちょっとカッコつけすぎました。w

でも、ぜんぜんクリアできる課題だと思っています。

この課題を解決する答え

農福連携を120%成功させる!

内容のあるもの(農家の戦力になる!利用者の力をつける!工賃をあげる!)にするために!

その答えはずばり

農家と福祉事業所の
〝ガチの信頼関係〟
です。

〝ガチの(強い)信頼関係〟の作り方

私は、このガチの信頼関係を作ってから
福祉事業所の利用者と農家さんを繋げています。

具体的に言うと
福祉事業所の利用者を農家さんのとこに連れて行く前に

その農家さんのところで
一人で農業アルバイトをさせて頂きました。

私は一度、福祉事業所の職員をやめました。

理由は、就労支援をしている福祉の職員として
お金を稼ぐこと。モノを売ること。モノを作ること。
これらの力が足りてないのが、自分の課題。

でかい事言うと、日本の障害者就労支援の「低賃金」における問題と思ったからです。

福祉施設の職員をやめ
実際に田舎のフリーターとして
カリスマ的で若くて意欲的な魅力的な農家さんに近づいて行きました。

そこで一年間、現在、農福連携で関わる農家さんのところでアルバイトして

アルバイトをしながら
自分の障害福祉に対する考え農業への思い

そして、今後やりたい農福連携について日々思いを述べていたのです。

そして、それに対して
賛同してくれ、一緒にチャレンジをしてくれたのが
最初の農家さんです。

そこから、その噂を聞き
また一つ増え、また一つ増え

その考えに理解のある農家さんが少しずつ増えていきました。

だから、私の関わる農家さんは
神なんです!
障害福祉への理解もめちゃめちゃあります。

ガチの信頼関係の作り方
福祉の職員は仕事やめて、一緒に就労支援をしてくれる仲間を見つけるんです。

私の場合は実家が農業をしていたことと、
現在住んでいる和歌山という土地の若手クリエーター・イノベーターを見ていったときに「農家」の若い方々に多かった印象があったので、農業分野を攻めました。

きっと地域によって違うし、一人一人興味関心があるので、それぞれで選べば良いと思います。

要するに
障害者の就労支援におけるビジネスパートナーはどんなジャンルでも構いませんが

一度、その人達のお手伝いでも何でもいいので
一緒に仕事をして、まずは自分が信頼関係を作って

その後に、福祉事業所と繋げて、その利用者さんと繋げばいいでしょ。っていう話。

とてもシンプルです。

このアクションを全国の就労支援事業所の職員が起こせば、
最短で2年くらいで

全国の平均工賃は最低2倍にはなると思います。

ま、現実だれもしないと思いますけど。w

神レベルの農家と私とのおもしろいやりとり

ある農作業をしているときの話です。

少し作業ペースがゆっくりで、集中力の切れているように見えた利用者さんがいました。

私(福祉職員)はその利用者さんに「Aさん!もう少しで休憩ですよ!頑張りましょ!」と声をかけました。

するとその後、農家さんに「ムラコシさん、利用者さんにはその人のペースがあるのであまり無理させない方が、いいのでは?」

と言われてしまいました。

いや、どっちが職員!!??w

思わず、吹き出ちゃいました。w

すごく理解があり、対応が神なんです。

支援員より支援が上手だなと思うシーンがあります。

理由はシンプルに
人としてできてる人っていうのと

きっと、農家さんが日々行っている
「省力化・効率化」が
障害福祉の支援に通ずるものがあるのだと思います。

だから、ハードワークと感じることもたまにありますが

関わっている利用者さんは
農家さんと仕事するのが
とても楽しみなんです。

帰り際、「次はいつですか!?」と利用者さんが聞いてくださるたびに、とても嬉しい気持ちになります。

まとめ

私は、シンプルに田舎が好きです。

実家も自然豊かな環境で育ったので
特に農村が好きです。

障害者の就労支援においても、衰退する地方にとっても
農福連携は結構有意義な取り組みだと思います。

ビジネスにおいては
やっぱりwinwinを本気で追求していくことが大事だと思います。

農家さんにとって
福祉事業所の利用者さんにとって

そして社会・地域にとって。

すべていいことは必ずビジネスになると思っています。

ガチの信頼関係はなかなか作ることは難しいですが、ときに意見が合わなくても意見をぶつけ合える関係でありたいと思っています。

お互いにとって良い形をつくり

これからも実践していきながら、変化させながら進化していきたいと思います。

Facebook・Instagram「村越の村おこし」
どこからでも構いません。興味のある方、ぜひぜひ情報交換・意見交換お願いします!

いいね・シェアよろしくお願いします!