ソーシャルワークにおけるアセスメントはビジネスにおいても超重要。

どうもです!MURAOKOSHIのムラコシです!

この4月からフリーランスとなった自分は
「地域資源を活かして仕事を創る」ことを常に意識しています。

ただ、これまで経営学やマーケティングの勉強など一切してこなかった自分は、
そういったビジネススキルが一切ありません。

周りを見渡せば、
情報発信がやたら上手な人
マーケティングに強い人
なんせ稼ぐ

すごいやつばっかりです。

自分のこれまで勉強してきたことは
社会福祉士
精神保健福祉士
介護福祉士
・・・・と、ガッツリ福祉の国家資格ばかり。

だから、この経験を活かして事業を作っていくしかないし
やるっきゃない。

で、
最近大事だな~と思うのが
アセスメント

福祉の現場におけるアセスメントとは、
ざっくり言えば
「課題分析」
その課題を色んな視点から考えます。

何をするにもまず「アセスメント」から始ります。

で、
大学(日本福祉大学)で何度も教わったのが

常に状況は変わる。
だから、常にアセスメントをしていく姿勢が大切
ってこと。

たぶん、当時の自分はアセスメントに対して安易な考えだったのか
よく先生にアセスメントアセスメント!!
って言われてました。

だからどんな仕事をしていても
アセスメント!
を大切にしようと意識しています。

例えば、今の現状で言えば
地域には、シカや猪の被害に困っている人がたくさんいて、
シカや猪を捕る猟師が減っていて
さらに、捕っても捨ててるのが多くて
解体する人がほぼいない。
・・・・ていう、現状の課題分析(アセスメント)をして

さらにビジネス的に言えば
解体場を作るのには個人ではなかなか厳しい費用がかかるけど
もうその施設があって。
さらにその施設が全く使用されてない。
・・・・そんなラッキーな話もあって

ただ、解体しても
なかなかジビエは売れないよ。
っていう現状もあって。

そんな色んな情報収集を行いながら
日々、アセスメントをしていき

より良い形を求めていく。

基本的なところは通じているのかな~と感じる日々です。

最近では
委託を頂いている仕事にバンガローの管理がある。
さあ、何が自分にできるのか・・・・
と、正直ぽかーん
と一瞬なる。

でも、すぐ「アセスメントアセスメント!!」
と心の中の先生が叫んでくれる。w
もはや、トラウマレベル。w

まずは顧客データを調べよう!
そうやって少しずつ動いている。
動いていけば、いつもどこかで良い方法が見つかる。

最後に
なぜ、この記事を書こうと思ったかというと
最近、すんごいビジネスに強いおっちゃんに出会ってしまって。
会うたびに「この人ハンパねえ」って感じになる。
ただ、その人のなにがスゴイかよ~~く考えてみたら、
やっぱりこの「アセスメント力」なのかな。
って思ったんですよね。

それで書きました。

だから、母校・日本福祉大学で社会福祉士や精神保健福祉士の取得にむけて頑張っている学生には、そのスキルはビジネスにも通用するよ。
って言ってあげらるように、しっかりとビジネスをつくっていこうと思います。

はい、頑張りまーす。

いいね・シェアよろしくお願いします!