地域イベントを考える。~美浜町の夕暮れ市から~

どうもです!MURAOKOSHIのムラコシです!

さてさて、昨年から出店させて頂いています夕暮れ市!
今年度も12月・1月と出店しました!

きっかけは焼き芋の販売できるイベントをFacebookで探していて、夕暮れ市を発見。担当の方に連絡したところ快く了承して頂き、去年から冬場だけですが出店させて頂いております。

夕暮れ市から地域のイベントを考えてみました。

すごさ①3周年を迎えた月一イベント

夕暮れ市とは

和歌山県日高郡美浜町で毎月1回開催のイベント
町内・周辺地域から「地域のうまいもん」「こだわりの逸品」が勢ぞろい
夕暮れ市だけの「限定商品」も登場します!

引用:https://www.facebook.com/pg/yugureichi/about/?ref=page_internal

私自身、地域おこしの仕事をしていて
イベントを継続して行っていく事の難しさを感じています。

そうした中で、毎月イベントを継続していくことは本当にスゴイと思います。

スゴイ②夕暮れ市名物!?大行列!

15:00のオープンを前に大行列ができます。

イメージ写真です!!現場を撮るのを忘れていました。涙

スゴイ③メンバーの主体性

この夕暮れ市は、地域で頑張るで飲食店や食品加工販売をしている方々で構成されています。

完全な有志です。

これは、やっぱりスゴイと思います。

まとめ。・・・ちょっと提案。

たぶん全国どの地域にも

地域を盛り上げたい!
この地域が好き!
なにか貢献したい!
と思う人はたくさんいます。

・・・ただ、それを行動に起こしていくのがやっぱり難しい

さらに、何かイベントをしよう!となっても
話合いの末に

「お金がない」
「時間がない」
「中心メンバーにはなりたくない」

など、ネガティブな意見が多数を占めてきてぽしゃる。・・・なんてことも。

そうなんですよね。
基本的に地域おこし系のイベントは、やる前から
絶対、成功する!
絶対、人がたくさんくる!
絶対、儲かる!

なんて、確証されることなんてないんですよね。(なんでもそうか。w)

だから、
「成功するのか」
「意味はあるのか」
などの問いが始まると、最終的に実現しないことの方が多くなる気がします。

ちょっと提案

基本的に、一人ひとりやれることから始めたら良いんじゃないか?
というのが、私の考え方です。

もちろん、一人ひとりやりかた・関わり方は違って当然。
みんな違ってみんないいです。

ただ、無理にする必要は全然ないと思います。

ざっくりですが、提案です。

提案①小さい事で十分!!

地域を盛り上げたい!
この地域が好き!
なにか貢献したい!
・・・でも何したら良いかわかんない。

やっぱりまずはSNSでしょ!

私のやってるInstagramも、小さな情報発信です。

例えば、この投稿。
ただただ、この地域の人にとっては
よく見る風景ですが、
やっぱり綺麗だし。
これだけで、だれかを「この場所に行ってみたい」って気持ちにできるかも。

ささやかですが、イベント名や地名をタグ付けするだけでも全然良いと思います。

提案②共感できる人・場所を見つけて便乗

さっきのネガティブ意見でいうとこの
「中心メンバーにはなりたくない」

そんな人は、これがオススメ。

地域で何かに取り組んでいる人は、基本人手不足。

「なにか手伝えることあったら声かけてください」

この一言は、だいぶ嬉しいです。
この行動は、地域にすごく良い影響を与えると思います。
この行動が増えていくこと=地域活性。
といえるでしょう。

逆に言うと、人手不足に困っている人は
こういう人とどう繋がっていくかがポイントかも。

あと。
意外と地域には、小さく色んなことを始めている人がいます。
本人は「趣味の延長。」とか軽く言いますが、
いやいやすげ~よ、それ!って言う人。

ただ、そんな人と簡単に繋がることは、意外と難しいですよね。
しかも、自分みたいな移住者とかは。

私自身は、興味のある分野に関しては
・知り合い伝えに人をたどる。
→大概、だれかの知り合いで当たる。w
・SNSで探して、メッセージを送る
→若干、勇気がいるけど大丈夫。世の中基本的にはいい人が多いからね。w

これで、大概なんとか繋がれます。・・・ちょっとの勇気があれば☆

提案③イベントなどを起こすときは!

これは、上に2つより少しハードルが上がる気がしますよね。
これを簡単に実現する方法は、
「気心しれた仲間と小さく始める」
まあ、これが最強です。

例えば、僕が静岡にいたときに仲間としていたことがこれ。

静岡の地元、藤枝市岡部町はタケノコの産地。
ただ、竹林はしっかり管理しないと荒れます。
そんな間伐して不要となった竹で何かできないかと二人で始めたのが・・・。

夏場はいかだ

いやー楽しかった!近くに来てた親子も乗せて、なかなか、良い1日になりました。また何か思いついたらやってみよう!次は秘密基地を作ろうかな!秘密基地だから秘密にしないと、なのに言ってしまった。でも場所は秘密です。エンジョイホリデー。

村越 拓也さんの投稿 2014年9月21日(日)

冬は竹キャンドル

3.11 静岡 地元笹川からあかりを灯し、黙祷。祈る。その前に。あの震災をどう生かすのか、真剣に考える日にしないと。すてき仲間たちと作りました、地元竹を使った竹キャンドルです。

村越 拓也さんの投稿 2015年3月11日(水)

準備風景

今日は相棒小林くんとイカダを作りました。自分んち竹やぶで竹をとり。竹を運ぶトラックは近所のおばさんちのを借りて、庭で製作!明日、朝比奈の川で浮きます。いろんな意味で浮きます。笑とても優雅な1日が待ってるぜよ。頼む、浮いてくれよー( ̄▽ ̄)

村越 拓也さんの投稿 2014年9月20日(土)

基本的には
楽しいことを。
できる範囲でやる。
・・・ずっとこのスタンスです。
そこに地域の色、例えばこの場合で言うと間伐して不要になった竹。
とかが入ってくるとおもしろい。

ただ、こんな気心しれた仲間に直ぐに出会える訳ではない。

実際は、もう少し不特定多数の人達と活動していくことも多い。
そうしたときに大切なことは
目的意識の共有。
で、目的意識がシンプルなほど良いと思います。

例えば

「なんか楽しそう」とかです。

自分の場合、大概それ。
もちろん、その楽しそうは深みのあるやつですよ。(自分で深みとかいうのは恥ずかしいですけど。w)
これをしっかり共有できる仲間です。

あと、よくある「お金がない」からどっかからお金を支援してもらう場合。

例えば、補助金とかだったら
申請する際に、どんな理由で使用するのか話し合うと思います。
その理由・使用する目的しっかりお互いで共有できたらいいと思います。

もちろん、自分のお金ではないので
当然、制限は出るし時に思うようにいかないこともあると思います。

だから、自分たちのお金でやるのが一番自由は自由。
・・・ただ、お金は借りたり、支援してもらわないと出来ないこともあるんで。
うまく活用しましょう。
もちろん、活用するのであって依存は無しで。

大事なことは、そのイベント・活動をどうしていきたいか?
だと思います。

さいごに。

地域で何か出来ないかな~と思っている人は、まずは小さく始めてみるのがいいですね。

何が当たるかはわかんないんでね。

で、もしイベントとかしたいな~と思う人。
まずは、シンプルな目的を共有できる仲間を増やしていきましょう。

もちろん、村越拓也は毎日絶賛仲間募集中です。

で、完全有志で頑張ってる団体を見たいなら
夕暮れ市に一回来てみたら良いと思います。
そこから、なにか出会いがあるかもです。

冬場は私も焼き芋やらせて頂いてます。
ただ2018年2月の夕暮れ市は、私は都合が悪く出店していません。ご了承ください。
次回は3月かな!

よし、また頑張っていこう。

いいね・シェアよろしくお願いします!