MURAOKOSHIな企業紹介~龍神・川口建設~

どうもです!MURAOKOSHIのムラコシです!

地域おこしというキーワードで仕事をしていると

地域で無駄になっているものを
有効活用する!

こんな言葉を良く聞きます。
もちろん、私自身この視点で様々活動してきました。

無駄なものに価値を。

例えば、ジビエの取り組み。
この取り組みのきっかけも
何か地域で生業を見つけたいという思いを持っていたときに

地域に立派なジビエ工房があって
しかも、全く使用している人が居なかった。

これはモッタイナイ!
と思い、解体技術を学び食肉販売までたどり着いた。

このように
地域で無駄になっているものを
有効活用する!
この視点は地域で生業を作って行く上で、とても大切である。

ただ、私がMURAOKOSHIを実践していくなかで
有効活用したいけど、どうしよ~~・・・。

って思って結局出来なかったのが
間伐材の有効活用。

やっぱり、紀州和歌山。
山が付く県だけあって
森林面積はかなりあります。

間伐材とは

間伐材とは、簡単言うと

山が大きな畑だとして
そこに野菜(木)を植えて
全部生やすと、一本一本の幅狭くて、
大きくて質の良い野菜(木)が育たない。

だから間引かないといけなくて
間引くときに出るのが
間伐材。

これが、これまでほとんど山に捨てられていた。

下に落ちているのが間伐材

間伐しないと自然環境に悪影響

そもそも間伐という作業は、若い木や不要な枝を落とすことで、太陽の光が差し込み、豊かな土壌の育成と立派な木の成長に繋がります。この作業をしないと、売り物となる木材が育ちません。間伐材によって作られた物の代表として割り箸を想像される方は少なくないと思いますが、実際のところ、間伐材で作られた割り箸など高すぎて売れません(笑)。「不要な木」であるのに高価な理由は、間伐材を山から運び出すコストが高騰していることが関係しています。この影響で、切り倒された間伐材が山の中で放置されることが多くなっています。しかし、山の中に間伐材が放置されると、他の木の発育を阻害してしまい、太くてまっすぐな木が育ちません。

引用:http://pedge.jp/interview/kawagutikensetu/

森のねこトイレ

間伐材をどうにかしないといけないのは
だれもが感じていて
ただ、だれもがその活用方法に悩むなか

川口建設さんが作ったのが
森のねこトイレである。

猫のトイレに入れてあるアレです。

ひのき本来の香りと消臭効果があり

大好評だそうです。

自然から作られているので、もちろん安全です。

純国産紀州ひのき材を100㌫使用!

なんか、かっこいいですよね。

ペレットのイメージです。

さいごに

地域の資源を活かすことは
地域おこしにおいて重要なことです。

単に活用するだけでなく
そのモノから収益を得ることができれば最高に素晴らしい取り組みだと思います。

こうした、建設会社がいるということは地域にとっても本当にプラスだと思います。

ぜひ、同じ猫砂を購入するなら
森のねこトイレ

をお試しあれです。

その購入するという消費行為が、巡り巡って
山に捨てられている間伐材の有効活用に繋がっていると思うと
なんか嬉しくないですか。

こんな感じで
地域のMURAOKOSHIな取り組みを
紹介していきたいと思います。

購入先もいろいろ

Amazon

楽天

いいね・シェアよろしくお願いします!