“とらえ筋”を鍛えようぜ。

どうもです。タイトルを見て、

「はっ???」と思った方。

あなたは正しいです。

とらえ筋。そんな言葉無いでしょう。

いま、私が作りました。w

今日は、むらこしワールド全開で

根拠のない、ただの持論なんで、ゆるい気持ちで見て頂けばと思います。w

とらえ筋とは

とらえ筋とは、ものごとの捉え方を司る筋肉のことです。

はい、たぶんそんな筋肉はないのですが。w

筋肉!と、あえて言ってる理由は、鍛えることができると思うからです。

とらえ筋の種類

とらえ筋には、いくつかの種類があります。

①ゴリゴリポジティブ系

このタイプは、どんな苦しい状況。つらい状況でも

「これは、自分を成長させるためだ」

「この試練を乗り越えれば、もっと強くなれる」

など、雨が降ろうが雪がふろうが、

上を向けるとらえ筋がある人である。

②ザ・ネガティブ系

このタイプは、基本的に悲観して物事をとらえる筋肉が発達したタイプである。

③ネガだけど突破系

このタイプは、ネガティブ系を変形・進化させた筋肉。

物事は一度は悲観してとらえるが、その悲観的な状況を分析し

結果的には、しっかりと突破していけるタイプ。

④あるがままに系

これは、とらえ筋の中でも、最も柔軟性のあるものである。

どんな状況も

「まあ、そんなときもあるさ」

とくに心身のバランスを崩すことなく、

淡々・飄々と歩めるタイプ

⑤データデータデータ系

とにかく、データ!数字こそ正義!

どんな物事もデータ、

数字を最も参考にする考え方。

これが、とらえ筋を大きく5つに分けたものである

さあ、鍛えよう

自分は、どのとらえ筋が発達しているか。

みなさんも分析してみましょう。

そして、この筋肉は間違いなく鍛えられると思います。

とくに、自分をとりまく環境。

社会の状況が厳しいときほど

それが最強のトレーニングになります。

つまりは筋肉に必要な破壊・衝撃です。

筋肉には、栄養も大切です。

このとらえ筋の栄養部分は、

人の言葉・人との出会い・挫折が必要だと言われています。

人生のちょっとした場面から

この筋肉を鍛えていきましょう。

とらえ筋はあなたのどこかにあるはずです。

いまは、きっとチャンスだ。

いいね・シェアよろしくお願いします!